受験は二の次、大事なことは…


あくまで一個人の意見ですが、

受験で勝つことは、あまり重要ではないと考えております。

これについては、反対意見が多いのではないかと想像します。

「学歴社会で生きやすくなるために、

受験で勝つために、勉強をするのだ」

確かに、仰るとおりです。

日本は学歴社会、

私も高学歴ゆえに優遇されることが多々ありますし、

優遇されるために努力を重ねてきたのは事実です。

ですが、学問の本質は、

受験で勝つことなのでしょうか?

私たちは受験で勝つために、

学校で教えられてきたのでしょうか。

いえいえ、

他人の経験を吸収したり、

身の回りの現象を分析したりして、

目的を合理的に達成する手段を探し、

より様々な人の役に立って有能な人材になるために、

今まで学校教育を受けてきたのではないのでしょうか。

そのように考えると、

学問は受験のために行うのではなく、

あくまで自分の成長のために、

能動的に行うものではないか、と思えてくるのです。

ただいま私が受け持っている生徒は、

その多くが発達障害や自閉症を抱えています。

そんな彼らでも、

私と一緒に学問ができているのは、

学問をすることで、

自分の成長を感じられているからだと考えております。

このうち受験生二名はどちらも、

「勉強が楽しいんです」

と、自ら進んで勉強に打ち込んでいます。

受験生以外でも学問を楽しんでいるらしく、

お母様がお休みをしたいと申し出られた時に

家庭教師を休みたくない、なんで休むのと

文句を言う生徒がちらほらいたり…

このように学問そのものを楽しんでいる彼らに対して、

「志望校に受かるためにはこれだけできないと」

と申すと、それがプレッシャーになって、

却って辛くなったり、不安になったりして、

勉強する意味を見失ってしまうのではないかと、

考えております。

なので、受験で受かる、落ちるは二の次にして、

今学問に打ち込んでいることを楽しんでいるのであれば、

受験にかかわらず自ら学問をする人間になるので、

それで良いのではないか、と思うことにしました。

受験なんてどうでもいいと言うなんて、

正直自分でも、

とんでもないカス講師

だと思っております。

それでもこれは譲れない考えですし、

私のような考え方の家庭教師がいてもいいのではないか、

と思っております。

受験のプロの先生、進路指導に実績のある先生、

私からすると大変能力のある、

素晴らしい先生なのだと感じます。

しかも勉強の楽しさを伝えられる方もいらっしゃるでしょう、

もはや雲の上の存在でございます。

私は無能で、そこまでとてもとても回らない、

至らない人間なので、

自分のできる範囲で、

楽しさを伝えていこうと思います。

(至る所で卑屈ですみません)

家庭教師について
無料の体験授業・お問い合わせはこちら
代表者・松本のプロフィールはこちら
ランキングバナー



にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする