書くのが辛いなら、○○を使おう


手を思うように動かせない…

協応運動障害を持つ方は、

字を書くといった細かい運動が苦手で、

まるでイライラ棒をしているような感覚で、

書かなければめちゃくちゃになるそうで、

集中力を使い果たして

すぐに疲れてしまうようです。

それで、少しでも手を動かしやすくするために、

筆圧をあまり必要としないマーカーと

ホワイトボードを活用しております。

    

ホワイトボードについては

升目のついたものであればなお良く、

漢字を書くときのバランスに

気を付けさせることもできます。

私はペンは書きやすいもの、

ホワイトボード消しは消しやすく、

カスを吸収してくれるものを使用し、

使いやすさ」を重視しております。

協応運動でもある我が母に

実際に使ってもらったところ、

     

ペンで書くよりきれいにかけており、

本人も「書きやすい」そうで、

書く練習が苦にならないようです。

ただ母の場合、読字・書字障害もあるので、

書くだけでは中々定着しないのですが…

(道村式漢字唱え唄も活用するといいのかな?とか思ってます)

生徒でも協応運動障害の子がいまして、

紙面の場合は漢字や英文はもちろん、

数学の途中式でさえ書き渋るのですが、

ホワイトボードであれば

積極的に書いてくれます

もし書くことが苦手な方がいらっしゃいましたら、

一度お試しくださいませ。

家庭教師について
無料の体験授業・お問い合わせはこちら
管理人・まっちゃんのプロフィールはこちら
ランキングバナー



にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする