自己肯定感が低いと、勉強どころではないのです…


あくまで主観ですが…

子どもの意見を尊重している家庭では、

発達障害の有無関係なく、大変教えやすく、

また大変学力も伸びるように感じております。

※ここで尊重しているとは、

 子どもの意見を盲従しているわけではなく、

 しっかりと対等に近い立場で聞くことだとします。

中学生になると反抗期が始まるため、

扱い方に戸惑ってしまいがちなのですが、

お母様がしっかりと生徒のことを理解し、

子どもの意見を全否定しない家庭では、

子どもも自尊心が保て、自信を持てるため、

勉学に対しても意欲的に取り組んでくれるようです。

逆に子どもの意見を否定しがちな家庭では、

子どもの自己肯定感が低く、

自信が失われており、

常にストレスを抱えており、

ちょっとしたことで癇癪を起し、

学習意欲が低くなっております。

特にADHDの傾向があると、

周囲の人間に理解してもらえることが少ないため、

説明を一切聞かない、

マシンガントークを始める、

ミスを人のせいにするなど、

学習どころでないことが多々あり、

家庭教師を雇う意味がないと判断されて、

私を含めてお叱りを受けることもあります。

ADHDの傾向がある場合では特に、

生徒の自己肯定感を上げる為に

お母様をはじめ、ご家庭の協力が必要不可欠なので、

頭を下げて、特性を説明して、

子どもを必要以上叱らない

ことをお願いしています。

いきなり

「叱らない」

ようにすることは難しいのですが、

「叱らない」

ことを意識して頂けるだけでも、

かなり効果があるようです。

家庭教師について
無料の体験授業・お問い合わせはこちら
代表者・松本のプロフィールはこちら
ランキングバナー



にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする