器の大きな人の良さは、ある程度器が大きくなるまでわからないものですね…


以前、短期アルバイトとして

とある学校の補講にて、

学習支援を行っていました。

そこでは学校の先生方はもちろん、

大学生の方々、

現役を退いた元教員の方々もいらっしゃり、

「教育」に対する様々な意見・考えを

教えていただきました。

中でも私の心に残った方は、

70代女性の元教員の方で、

体が小さく、

静かで穏やかな方でした。

強い個性を感じさせる方ではなく、

いわゆる「影の薄い」方なので、

若かりし頃の私は

「自信がないのだろう」

と見下していた部分がありました。

しかし、時を経るにつれて、

自分の行動に対して疑問を抱くことが多くなり、

「何が正しくて何が誤りなのか、わからない」

「自分が絶対的に正しいことは、全くない」

「自分があくせくしても、他人を変えることはできない」

ということに気付き始め、

生徒に対しても、保護者様に対しても、

持論を押し付けることを避けるようになりました。

そして、今になってやっと、

前述した元教員の方について、

・個性を感じさせない

 なぜ?→自分の考えを押し付けようと行動しないから

 なぜ?→自分の考えが自分にとっては正しくとも、

     誰に対しても正しいわけではないと知っているから

 なぜ?→人間は生まれや育ちで様々な価値観を抱くようになるが、

     どれも等しく素晴らしいものであることを知っているから

 なぜ?→多様な考えを受容できるほど、器が大きいから

と思考回路がつながって理解できるようになり、

その達観した人生の先輩の行動に対して

尊敬の念を抱かずにいられなくなったのです。

馬の耳に念仏といいますが、

若い私には念仏のありがたさがわからず、

自信過剰になって独りよがりになりがちです。

ですが、私が突出して天才的な能力を発揮するほど、

自分が優れているわけでもなく、

やはり平平凡凡な人々の一人にすぎず、

いずれ壁にぶつかって初めて、

念仏のありがたさがわかるようになるのです。

なので、よくわからない念仏を耳にしても、

「今はわからないだけだ」と自分に言い聞かせて、

謙虚な姿勢で聞けたらいいな、と思いました。

家庭教師について
無料の体験授業・お問い合わせはこちら
代表者・松本のプロフィールはこちら
ランキングバナー



にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする