英単語の覚え方について考察


私たちは英単語を繰り返し書いたり、

繰り返し眺めたりすることで、

英単語のスペルと訳を記憶します。

その後、新たに英単語を見た際に、

自分の脳内でその英単語について検索をかけ、

検索キーワードと合致した、

記憶されている脳内の英単語の訳を、

出力していると、

私は考えております。

まるでgoogleのような世界なのです。

ところが、先天的な読字障害を持つ方だと、

英単語を読む際に、

記憶されている脳内の英単語の訳を

正確に出力できない場面がよく見られます。

しかも、何度も同じ間違いを繰り返してしまいます。

恐らく、私たちが自然に行っている一連の出力作業

(覚えて、見て、思い出して、言う)

のどこかで何らかの障害が発生しているのだと

思われます。

読字障害、或いは読字障害が疑われる生徒を伸ばすためには、

障害がどこで発生しているのかをしっかりと観察し、

どうすれば改善されるかを考える必要があるのかな、

と感じています。

家庭教師について
無料の体験授業・お問い合わせはこちら
代表者・松本のプロフィールはこちら
ランキングバナー



にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする