ディスレクシアの子への、理科の学習案


理科が嫌いになる理由

漢字が読めない・書けない方は、

空間認識が弱いと考えられます。

そのため、漢字の形を正確に認識できず、

漢字を読むことも書くこともできなくなるようです。

また、空間認識が弱い場合、

写真・絵から得た情報を処理することが苦手になり、

写真・絵による説明が主である、

理科が嫌いになる傾向があるのではないかと考えております。

空間認知が弱い方への学習案

空間認知が弱いタイプの場合、

試験で数学の成績が急上昇した私の生徒のように、

耳から得た情報を処理することが得意なことが多いです。

なので、私が教科書を読み上げながら、

噛み砕いて説明するという方法を採っております。

この方法で成果が出るかはわかりませんが、

理科嫌いな生徒が学習を嫌がる素振りを見せていないので、

しばらく試してみたいと考えております。

家庭教師について
無料の体験授業・お問い合わせはこちら
代表者・松本のプロフィールはこちら
ランキングバナー



にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする