私がお母様から教わること


日々、家庭教師をしていると感じることでございます。

私は家庭教師といえど、中身は教育学部を出てもいない若造なので、

知らないこと・わからないことだらけなのです。

昔は「先生」というプライドから、苦言を頂いた時は特に、

「素人のくせに」と話を聞こうとしなかったことがございました

しかし仕事を続けていくにつれて、

自分の実力は大したことがないこと、

私の知らないことを知っている人がたくさんいることに気がつき、

謙虚な気持ちで話を伺うようになりました。

すると、お母様方から気軽に話して頂けるようになり、

長く一緒にいる「お母様だからこそ気がつくこと」を

教えて頂くことも多くなりました。

その情報が生徒に合わせた教え方を実践するために、

非常に重要なものであることが多々あり、

以前と比べて効果的に教えられるようになっております。

例えば英単語が覚えられない生徒については、

お母様から「児童期に音読ができず、授業では本文を諳んじていた」

という情報を頂いたことで、音韻意識が弱いことを確信し、

フォニックスを用いて英単語が覚えられるようになりましたし、

数学を教えていても中々理解できない様子の生徒については、

お母様から「1000円でどれが買えるのか、都度訊ねてくる」

という情報を頂いたことで、

数概念への理解が弱い可能性を考慮するようになり、

数概念への理解を促す指導を考えるようになりました。

このように私の場合は、

「お母様から頂いた情報」が貴重な情報となっており、

いつも非常に助けられております

お母様からの協力があるからこそ、

私の力(微々たるものですが)が発揮できているのだと思います。

本当にありがたいものです。

家庭教師について
無料の体験授業・お問い合わせはこちら
代表者・松本のプロフィールはこちら
ランキングバナー



にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする